skip

首都圏を中心に総合建設業を営む日広建設のホームページです。

採用情報

現場監督の仕事大解剖!~内装編~

まだまだ調査します!

ビバオ:これまで建物の基礎となる
    躯体工事を紹介しました。
    今回はその先、内装工事を見ていきます!

 S :内装工事は躯体工事と同時進行します。
    躯体が完成した階から順に内装工事を
    進めます。

よろしくお願いたします。

墨出し

墨出しされた壁
ビバオ
最初に行うことは何ですか?

S
墨出し」という作業です。
コンクリートの打設が完了すると型枠を外します。
これを「脱型」と言います。
脱型後、図面に基づいて工事の基礎となる線、
基準となる線をむき出しのコンクリートに
印を打ちます。これを墨出しと言います。
墨出しは建築物を建てる際に壁、柱、窓、
ガス・水道などの配管を図面通り正確に仕上げるために
重要かつ精度が求められる作業です。

監督の仕事:位置計算

ビバオ
今後の工事の根本ということですね。
この時監督は何をするんですか?

S
窓枠などのアルミサッシを決められた位置に
付けられるように図面から窓の位置を読み、
墨出しを行います。そのため、
日頃から図面を読めるよう勉強しています。

アルミサッシ・SD・UB設置工事

サッシ取付
UB据付

S
墨出し後、窓枠となるサッシなどを付け、
ガスや水道などの配管をしますが、
「SD」や「UB」は何のことか分かりますか?

ビバオ
チンプンカンプンです

S
SD→スチールドア、UB→ユニットバスのことです。
どちらも大きいものなので障害となるものが
無いうちに設置します。

ビバオ
その方がスムーズで効率的ですね!
この時の監督のお仕事は何ですか?


S
UB設置の際は、UBを置くレベルの確認をします。
傾きが原因で使用中に水漏れが起きたら大変です。
水回りは不備があると住む人の生活に
支障が出やすいので、特に注意して確認します。

断熱材吹付工事:厚さ・欠損確認

ウレタン前
ウレタン後
ウレタン
S
その後、壁・天井に断熱材(ウレタン)を吹き付けます。
ウレタンを吹き付ければ、保温効果UPで省エネ!
防音シートを一緒に使えば防音効果を
高めることもできます。

ビバオ
僕触ったことあります!
発泡スチロールの少し硬いような?
ものすごく壁にしっかり付いてました!

S
そうですね。僕達監督はこの時、
ウレタンが図面で指定された範囲に
吹付られているか、指定された厚みになっているか
「ピン」を使って確認します。

ビバオ
それぞれ決められた場所に刺すんですね。

S
ちなみに、吹き付ける前に壁や天井の下地となる
木軸を付けておきます。
こうすると家具や収納を取付るための下地となるんです。

あとは、吹き付けられたウレタンに欠けや凹みがないか
チェックします。
確認が終われば次の工程に移ります!

間仕切り(軽量)工事:確認+記録

LGS組み立て
職人さんと確認中

ビバオ
次は何をするんですか?

S
間仕切り工事」です。LGS(軽量鉄骨)を使い、
室内を区切る工事のことです。
墨出しされた位置にLGSを配置し、
そこに合わせて壁や床材を張っていきます。
配管にぶつからない様にしたり、
墨出しの位置通りに配置されているか、
職人さんと一緒に確認し記録します。

ビバオ
工事はどんな時も確認+記録することが大事ですもんね。

S
お!学びましたね~。その通りです。
生活している上で見えなくなる部分は特に重要です。
そこが意識できれば写真に残す時も、
ポイントを押さえられると思います。

造作工事

配管
造作工事
S
LGSで仕切った部屋はその後、
電気・ガス・水道の配管を通し、
大工さんによる「造作工事」が始まります。
天井や床などの下地を作る工事のことで、
大工さん以外にも建具屋さんが作るドア枠などを
現場で加工し取付けます。

ビバオ
室内の下地には何があるのですか?

S
例えば床は配管があるので直接コンクリートに
フローリングを張れません。
配管を通すために少し高さを出してから
床やフローリングを張ります。
その「少し高さを出すための作業」をしてくれるのが
彼らです。
この時、監督はキッチンなどを設置するための
下地が図面通りに配置されているか確認します。

置床・ボード/GL工事

before
after
ビバオ
少し高さを出した後に床を張るんですよね?

S
そうです。これを「置床工事」と言います。
床とコンクリートの間に空間ができることで、
配管の通り道が出来る他に保温や防音効果があります。

ビバオ
より生活しやすい環境作りが始まっているんですね!
床の工事は分かりましたが、ボードとは何ですか?


S
部屋を仕切る壁となる石膏ボードのことです。
壁紙は石膏ボードの上から貼ります。
このボードは先程のLGSの位置に合わせて設置します。

ビバオ
なるほど!先を見据えた工事だったんですね。
では、GLとは何ですか?

S
「GLボンド」というものでボードを張る工法のことです。
このボンドは強力で、断熱材に直接張ることが出来ます。

         コンクリート
           ↓
          断熱材
           ↓
          ボード
           ↓
           壁紙
 
      というような層になります。

監督の仕事:工程管理

S
内装工事中は出入りする業者さんが多くなります。
なので、業者さん同士スペースの取り合いに
ならないように僕達が注意して情報共有しています。
朝礼で伝えたり、その都度業者さんと話をして、
スケジュール管理をしています。

ビバオ
細かい工事が沢山出てきて頭がパンクしそうです…

S
躯体工事に比べると作業や業者さんが
枝分かれしていますからね。
僕達現場監督は、たくさんの職人さん達を
まとめていくのが仕事なので、どんな工事の時も常に
「職人さんがどうしたら働きやすいかを考える」
ことが必要となります。いわゆる工程管理ですね。

クロス工事

パテ終了
クロス後
クロス貼り
ビバオ
いよいよ終盤!次は壁紙を貼るんですね!

S
ピンポーン!
建設業では壁紙のことを「クロス」と言います。
貼る前にボードとボードの繋ぎ目などを
パテ(接合材)で平らにしてから接着剤で貼ります。
この時、フロアによって違う色のクロスを使い
少し遊び心を出したりしています。

ビバオ
見せてもらったことあります!とってもお洒落でした!
木目調のクロスを上手く貼り合わせている
ところもありましたね。

フローリング工事

置床
フローリング断面
フローリング
S
次はフローリングです。
ここでご紹介!実はフローリングって
こんな形(左図)なんですよ。
知ってましたか?

ビバオ
えー!凸凹してる!知らなかった!
これが組み合わさってるんですね。

フロアによって色を変えている所もあって、
印象がすごく違って面白かったです!

S
そうそう、そうなんですよね。
張る向きや色使いが図面通りになっているか
僕達はチェックをします。

ようやく見慣れた部屋になってきましたよ!

その他・仕上げ

S
残りは細かい工事が続きます。
フローリングと壁際の隙間の調整や
室内などのドアの取付、
雑金物と呼ばれるカーテンレールや室内物干しなどを
取り付けます。この工程を必要な階数分行い、
最終的に室内や共用部をクリーニングすれば完成です。

ビバオ
お疲れ様でした~!
現場監督と沢山の職人さんが汗水流した結晶ですね..!
ズバリ内装工事で大切な事は!?


S
「職人さんがどうしたら働きやすいか」を考え、動くこと!
そのためには現場内の清掃や職人さんとの
コミュニケーションも大切な仕事の一つです。
1年目は先輩のサポート役として、
いろんなことにチャレンジしてほしいですね!!


Copyright © Nikkoh-Kensetsu Co., Ltd.
All Rights Reserved.