skip

首都圏を中心に総合建設業を営む日広建設のホームページです。

ビバオBlog

若手社員にインタビューしました①

2019年3月29日

皆様こんにちは!ブログ担当Tです。先日音楽フェスに行ってきました!屋内で規模も変に大きすぎず楽ちんでした♪
お目当てのバンドが見られるのもそうですが、全く知らなかったアーティストにドハマりして帰ってきました!いやぁ、新しく開拓していくのもいいですね勝手ながら皆様にもオススメしておきますね。

「Nulbarich」…ヴォーカルは声高い系男子。晴れた日に窓全開でドライブしながら掛けるのが最&高です。私は運転できませんけどね(笑)
オススメ曲:「ain’t on the map yet」「VOICE]

良かったら皆様聞いてみて下さい~

Nulbarich
http://nulbarich.com/

 

 

 

若手社員にインタビュー①

今回は入社1~2年目の若手社員の方々にインタビューしてきましたまずは建築部の先輩です。

 

 

 

Nさん(20代男性:入社1年目)

・建築士の資格を取るために専門学校へ
・その後学校求人にて日広建設を見つけ応募

 

 

 

~入社までの経緯・入社してみて感じた事~

T:先輩方の噂によると、学生時代自宅のそばに日広建設が建てている建設現場があって、
〇〇「何かいいな~」と思っていたと伺いました。本当でしょうか?

N:そうですね、通学路に建設現場があって「何か建てているな~すごいな~」と
〇〇印象に残っていました。いざ就職活動のときに「あれ?ここ見たことある」となって
〇〇応募し現在に至ります(笑)

T:なかなかレアケースですね(笑)元々建築に興味があったのですか?

N:親が内装業者だったので、自然と建築に興味はありました。どちらかと言うと
〇〇パソコンで内勤仕事よりも身体を動かす方が好きなので、モノづくりっていいなと思っていました。

T:入社してみてどうですか?

N:やはり完成間近になっての足場解体は感動しますね!壮観というか…。
〇〇あとは完成までの工程を全部体験できるのは楽しいです。1現場の工期は約1年間。
〇〇その間1つの現場を任されるので、いろいろな工程を1から経験することが出来るのも
〇〇日広建設の強みです。その結果、愛着もわきますしモノづくりの面白さを感じています。

 

 

 

 

~入社後のギャップ~

T:なるほど。現場でしか経験できない所ですね。では入社前後でギャップはありますか?

N:そうですね~、良い意味で「現場監督は偉くない」ということですかね。
〇〇監督というとどうしても人に指図する、偉そうなイメージがあると思いますが、
〇〇実際は職人さんとの打ち合わせをして方向性を決め、協力関係を築いていく仕事です。
〇〇職人さんはその道のプロです。プロの言葉に耳を傾けつつ思い描いた建物にしていく、
〇〇それが僕たちの仕事だと思います。

T:職人さんも先輩方が多いですし、学べることは本当にたくさんありそうですね。
〇〇話は変わりますけど、お休みの日は何をされていますか?

N:僕は家でゴロゴロしていることが多いですかね~。あとは飲みに行きます。会社でも現場が
〇〇一区切り付いた際、ご飯に連れて行って頂くこともあります。そう言えば、
〇〇面接の時に好きなお酒を聞かれました(笑)

T:へぇ~!面接でも本当にいろいろなお話が出ているのですね!ありがとうございました!

 

 

次回予告

いかがでしたでしょうか?
入社後のギャップは特にリアルな声になるので、日広建設だけでなく建設業界に興味がある方の参考になるのではないでしょうか?

次回も若手社員インタビュー②をお届けしますのでお楽しみに~

Copyright © Nikkoh-Kensetsu Co., Ltd.
All Rights Reserved.